ユユユヨヨのポケモン日記 

駆け出しトレーナーが頑張るブログ  

ポケモン剣盾s2最終4位 パチンコ最高構築

ポケモン剣盾シーズン2最終4位達成構築】
お久しぶりです、ゆよぽよです。
しばらくポケモンをできなくなりそうなので、記録の意味も込めてs2で使用していた構築について書きました。
s1では強いやつを詰め込んだ構築を使っていましたが、s2では運ゲがしたくなったのでパチンコ構築を使いました。
 
最終日前日瞬間1位

f:id:rururyoga:20200308222819j:plain

最終4位

f:id:rururyoga:20200308222803j:plain

並び。

f:id:rururyoga:20200308215854p:plain

 

以下常体
 
構築経緯
s1で多くマッチングしたヌルアントを自分でも使ってみたかったのでタイプ:ヌルとアイアントは確定。
ヌルアントの取り巻きについて考えていたところ、ばいそんさんが記事で公開されていたヌルアント+ウオノニンフの軸が面白そうだったため真似させてもらうことにした。
ここまでの4匹ではナットレイ等の鋼タイプや高耐久水が重かったのでメガネヒトムを採用。
最後に相手のすなかきドリュウズ、ギャラ、キッスへの切り返し要員として、前期も使っていて使い慣れていた気合のタスキ砂かきドリュウズを入れて完成とした。

 

 

 

個体紹介
 
一応選出率を記載したが、各ポケモン満遍なく選出したため実際は選出率にあまり差はない。
 
タイプ:ヌル@輝石

 

f:id:rururyoga:20200308220329g:plain

性格:呑気
特性:カブトアーマー
数値:202(252)-115-161(252)-115-116(4)-57(s個体値0)
技:トライアタック とんぼ返り 眠る 電磁波

クッション。
身代わりを持ったミミッキュが流行ってるらしいので逆風かも。
ねむるをシャドクロに変えるのもあり。

 

選出率3位

 
アイアント@いのちのたま

 

 f:id:rururyoga:20200308220605g:plain

性格:陽気
特性:はりきり
数値:133-161(252)-133(4)-×-68-177(252)
技:であいがしら アイアンヘッド じだんだ かみなりのきば
 
パチンコ。
当初はじだんだではなくばかぢからを採用していたが、s2はギルガルドがあまりにも多かったためじだんだに変更した。
VSサザンガルドでは初手のサザンアイアント対面でダイアースを押すとギルガルドが死ぬ。
そのため、サザンガルドに対しては初手にアイアントを置き、ダイアースでガルドが死んだ後に死に出しで出てくるサザンに対して投げれるクッション(ニンフorヌル)を裏に置いておくと大体勝てる。

 

また、相手の順位が高い時は、ギルガルドアイアント対面で大ワームを押していた。
相手視点ではギルガルドアイアント対面はスカーフサザンドラ引き安定なので、大ワームでサザンドラが死ぬ。
もしギルガルドに居座られたとしても大ワームでcが下がるのでシャドーボールはそんなに入らない。

 

であいがしらヒヒダルマが死ぬので、ヒヒダルマ側が取ってくる行動はダイマックスして大バーンorダルマ引っ込めしかない。アイアンヘッドダイマックスヒヒダルマが確定1発である。 
 
これらの行動はあらかじめ決めておき、初手から1秒でヤンキー技選択をすることで相手の動揺を誘える。
他にも初手ギャラアイアント対面でカバ引き読みで大スチルを打ったり、リスクリターンが釣り合う範囲内で強気な行動を選択することがこのポケモンの強い使い方だと思う。

 

選出率2位 

 

ウオノラゴン@スカーフ

 

f:id:rururyoga:20200308221657g:plain

 

性格:意地
特性:がんじょうあご
数値: 165-156(252)-121(4)-×-100-127(252)
技:エラがみ げきりん けたぐり 寝言
 
火力やばい。ヌルのトンボやニンフの欠伸による対面操作からエラがみを打ってるだけで勝てることも多い。
このポケモンダイマックスをうまく使うことが大事である。
大ストリームで雨を降らせたり大ナックルでAをあげた後に大ウォールでダイマターンを調節し、火力の上がったスカーフえらがみで上から殴るなど、ダイマックスを絡めると器用な立ち回りができる。

 

選出率4位

 

 

 f:id:rururyoga:20200308221902g:plain

 

性格:ずぶとい
特性:フェアリースキン
数値:202(252)-×-128(252)-131(4)-150-78(s個体値27)
技:ハイパーボイス あくび バトンタッチ 身代わり

 

sは無振りニンフィア抜かれ調整のニンフィアにさらに抜かれる調整。

環境にs個体値29ニンフィアが一定数存在したためわざわざ個体値27で厳選し直した。

不毛だけどやり得だよね。

 

選出率6位。

 

ヒートロトム@メガネ

 

f:id:rururyoga:20200308222321p:plain

性格:ひかえめ
特性:浮遊
数値:157(252)-×-127-165(196)-127-114(60)
技:オーバーヒート ボルトチェンジ 10万ボルト シャドーボール

 
アマガやナット等の鋼、受け系統の構築へ投げる。
ミミッキュに打つかもしれないと思ってシャドーボールにしたが絶対あくのはどうの方がいい。
s調整は相手のミトムの上からボルチェンを打ちたいと思って実数値114まで降ったが、激戦区なため結構活きる場面が多く、最終日もこの調整のおかげで最終1位の方と最終2位の方との対戦で勝てたので正解だった。

 

選出率5位 

 

f:id:rururyoga:20200308222626g:plain

 

性格:陽気
特性:砂かき
数値:185-187(252)-87(4)-×-86-154(252)
技:地震 アイアンヘッド 岩石封じ つのドリル

  

s1で使っていて最強だったので今回も入れてみたらやはり強かった。
対面性能、切り返し性能ともに抜群で、困った時はドリルでワンちゃんも狙える。
ヌルやニンフィアが相手の積みエースに隙を見せやすいので、裏にこいつを置いておくことが多かった。

 

選出率1位

 

最終日の順位変動に関する考察

 

s2では最終日前日の夜に瞬間1位を取ることができ、最終日はそこから7勝1敗と悪くない戦績であったが、最終順位は4位止まりであった。

このように最終日の一桁台の追い上げは想像以上に激しいので、最終1位を目指す場合はかなり覚悟が必要だと思う。

このことから瞬間順位にほぼ価値がないと言うこともわかる(最高順位をタイトルに乗せて記事かくのやめて欲しい)。

また、s1も最終日前日から一桁台で戦っていたのだが、s2と比べると追い上げがかなり緩かった。

これはs1の期間が長かったので最終日前日時点で既に上位帯の内部レートが高く、最終日に内部レートを上げ辛かったことに起因しているように思える。

したがって、シーズンの期間が短いほど最終日の追い上げが激しく、逆に最終日に追い上げることも可能であるということだと思う。

憶測の域を過ぎない戯言ではあるが、順位しか表示されない8世代ではこれまで以上に最終日の動き方が重要であると思うので、これが何かの参考になれば幸いである。

 
以下敬体
今後の活動について
1シーズン1ヶ月というのは思っていたよりモチベ管理が難しく、毎シーズン潜るのは難しいと感じました。
今後は、たまに気が向いたシーズンに潜るというスタイルでやっていきます。
とりあえずs4はやらないと思います。

 

スペシャルサンクス

 

参考にさせていただいたばいそんさんの記事

【ポケモン剣盾】S2中盤1桁構築”文武両道ヌルアント”|バイソン|note


それではまた